美味しいと噂で聞いていた飯山市のパティスリーヒラノへ行ったみた

以前から、「とても美味しいよ」との噂を聞いていたお店「パティスリーヒラノ」。

先日、中野市へ行く機会があったので、ちょっと飯山まで足を延ばして行くことになりました。

とても美味しいとの評判があるパティスリーヒラノ

実際に食べてみたところ、うわさ通りの美味しい味だということが分かりました。

パティスリーヒラノってどんなお店

パティスリーヒラノは、その名の通り洋菓子のお店です。

主な商品はケーキなのですが、洋菓子全般を扱っていますので、甘いものが好きな方、スイーツに目がない方にとっては嬉しいお店です。

また、店頭販売だけでなく、隣接してカフェもありますので、飲み物と一緒にひと休みなんてこともできます。

販売店舗とカフェが隣接している

特にカフェで提供しているパフェはこの店の人気商品にもなっていて、これを目当てに訪れる人も多いとか。

店舗は飯山市内の中心地、飯山城跡の南方に位置しています。

店の規模は決して大きくはなく、個人経営のお店なのですが、歴史も古く(最初は和菓子屋だったとか)今では4代目となっているそうです。

パティスリーヒラノをひと言で表現すれば、”地域に根付いた手作りのお店”と言ったところですね。

地域に根付いた手作りのお店

店主のお菓子作りに掛ける思いが伝わってくるようなお店。

こんなお店に、私が行くキッカケとなったのは、飯山市をしばしば訪れている知り合いから

美味しいよ

と何度も聞かされていたことからです。

しかし、私が住んでいる長野市からは三、四十キロメートルも離れているので、簡単には行けないのがネックになっていたんですね。

でも今回、中野市北部を訪れる機会ができたので、初めて立ち寄ってみることに。

いざ食べてみると噂で聞いていた通りの美味しいお店でしたが、周りの友人・知人にその話をしたところ、

その店なら知っている

という人が意外と多く、ちょっと驚きでした。

飯山市にありながら、長野市の人も結構知っている。

どうやら口コミで少しずつ広がっているお店のようです。

お店の雰囲気は

私たちがパティスリーヒラノに到着して最初に驚いたのは、駐車場の広さでした。

こんな小さいお店なのに、なんでこんなに駐車場が広いの?

そんな素朴な疑問が湧いてきました。

店の並びには5台の駐車場。
そして、対面にはざっと40台くらいは駐車できる広い駐車場

小さい店ではあるが、40台は停められる駐車場が対面にある(駐車場の奥から撮影、正面の奥がお店)

よく見ていると、頻繁に自動車が出入りしているんですね。

けっこう来客が絶えないのか…。

なるほど、と、駐車場が広い意味が分かった気がしました。

駐車場の奥の方(遠方)にはまとまった車が数台止まっていましたので、恐らく従業員も利用しているようでした。

店の造りは大きく2つに分かれていて、向かって左側が販売用の店舗。

向かって右側がカフェ。両者は、店内でつながっています。

店の造りは大きく2つに分かれ、向かって左側が販売用の店舗、右側がカフェになっている。

私たちが訪れたのは日曜日の昼過ぎでしたが、カフェに並ぶ客は数組。

番号札を取ってカフェ待ちをしているあいだに、店舗内でスイーツなどを見て回りました。

販売用の店舗もカフェも共に、決して広くはありませんが、商品はとてもバラエティな感じでした。

ケーキが主力商品ですが、それに劣らないほど焼き菓子は豊富な品揃え。

店舗の外観は、ちょっとオシャレな感じ

店の外観はちょっとおしゃれな感じ

でも決して目立つこともない、どちらかというと地味な造りですね。

店内はごくごく普通の洋菓子屋の雰囲気。

カフェもどこにでもあるカフェ店ってところです。

で、けっこう目についたのは、頻繁に人が訪れること。

地元でも根強い人気があるのかなぁと思いました。

メニューはとても豊富

さて、気になるのは実際に扱っているスイーツですね。

元は和菓子店で洋菓子店に変身。

最初はケーキ屋という位置づけでスタートしたとか。

だから、ケーキが主力商品なのですが、けっこうオリジナリティが強いと感じます。

オリジナリティの強いケーキ

そして無視できないのは焼き菓子ですね。

噂では、ちょっとした贈り物によく利用されているとか。

実際、詰め合わせの商品なんかを見ると、シャレていて贈答には最適な感じもします。

贈答に適した商品も豊富

そして、忘れてはいけないのがパフェ。

パフェはもっぱらカフェで提供している商品ですが、同時にこのカフェの看板商品でもあります。

カフェの主なメニューはパフェ。ワッフルなどもある。

基本的にパフェのサイズは大きいです。

ミニサイズもありますが、大きいものだとダイナミックとでもいうべきサイズ。

商品によっては食べきれないほどビッグな大きさのパフェです。

ちなみにカフェでは、ワッフルも扱っていてこれも人気があるとのこと。

このように、ケーキと焼き菓子、パフェが主な商品。

この際なので、メニューをのせちゃいましょう。

まずはケーキ類。価格は2021年7月現在のもの。(他にもまだあります)

商品名 価格
チーズケーキ 300
季節のチーズケーキ 370
キャラメルりんごとアーモンドムース 340
ピスタチオと苺のチョコレートタルト 370
プリンアラモード 400
ガトーショコラ 370
苺のクラフティ― 400
杏とホワイトチョコのムース 370
ラズベリータルト 400
ドゥーブルショコラ 340
アールグレイ 340
アメール 340
桃プリン 340
チョコバナナタルト 400
苺のタルト 400
かぼちゃモンブラン 370
生チョコロール 340
桃のショートケーキ 420
和栗のロールカット 340
桃ロール 340
ブルーベリータルト 400
ミルフィーユ 400

ロールケーキも有名です。

中でも、ヒラノロールは定番の人気商品とのこと。

商品名 価格
ヒラノロール 1,080
マーブルケーキ 1,400
シューモカロール 1,400
ミルフィーユロール 1,400

そして、ケーキに準ずるスイーツとして下記なんかもあります。

商品名 価格
生チョコシフォン 120
チーズの玉子焼き 120
マーブルチーズケーキ 210
とろりプリン 170
クレマ・カタラーナ 160
トレゾワエタールショコラ 160
とろりシュー 170

また、ここに記載した以外にも、各種デコレーションケーキやバームクーヘンなどもあります。

バースデーケーキなんかもオーダーできますから自由度が高いですね。

焼き菓子は種類も豊富で、ちょっと掲載しきれないのでまたの機会にします。

パフェは、カフェのメインメニューでもあるので掲載しておきます。

商品名 価格
桃パフェ 950
クレームブリュレパフェ 950
チェリーベリーパフェ 800
メロンパフェ 800
杏仁フルーツパフェ 800
カタラーナパフェ 690
クレープレモンパフェ 690
チーズケーキパフェ 690
たっぷりフルーツのミニパフェ 550
抹茶パフェ 550
チー玉パフェ 550

パティスリーヒラノは、個人経営の小さなスイーツの店ですが、メニューがバラエティに富んでいますね。

足を運ぶたびに色んな味が楽しめそうです。

この店に関する色んなサイトを見ていると、季節による限定メニューや期間限定メニューなどが豊富なようです。

特に、旬の食材を使った商品は狙いどころ。特にフルーツ類は季節に合わせて注文すれば最高でしょう。

とにかく、常に新たな商品開発に取り組もうとする店の姿勢を強く感じました。

焼き菓子類もたくさんある

なかなかやるな、この店。

で、

リピートしますよ~。

と書くつもりでしたが、最初に足を運んだ翌週に、既にリピートしました。

近くに用事があった訳ではないのですが、また食べたくなったのでリピートしたのでした。

再びパティスリーヒラノへ

実際の味は

さて、ではお待ちかねの味わいについてです。

総じて言えば、個性がしっかりでたオリジナリティの強い商品が多く、洋菓子でありながらも甘すぎない(甘いものもあるが)、しかも素材をひとつひとつ活かそうとしている姿勢を感じます。

えっ?何言っているかよく分からないですって?

ならば直接、足を運んで実際に食べてみてください。

私の言っている意味がよーく分かると思います。

な~んて話をしたのでは、この記事の意味がないので、食べてみた商品の感想をひとつずつ書いてゆきますね。

◎桃のショートケーキ

ショートケーキと言えばイチゴが定番ですが、イチゴの代わりに桃を使ったのがこのショートケーキです。

店頭には、このケーキのことを

旬の桃をシロップで煮てふんわりスポンジでサンドしました。桃の香りのやさしい味です。

と説明しています。

外観は、イチゴの代わりに桃を入れ替えただけ。でも全然違うケーキなんですね。

桃のショートケーキ

イチゴは酸っぱさが強調されるので、却ってケーキやクリームの甘みが際立つのですが、桃のショートケーキにはそれがありません。

だから全然違う味になるのです。

桃は、シロップ漬けにしていることを全く感じないほど甘さが抑えられています。
しつこい甘さが全くないのですね。

表現が難しいのですが、桃のフルーティーな味わいを満喫できるってところでしょうか。

一般の店では味わうことができない桃のショートケーキ。

なんか不思議な味わいを感じられる一品です。

◎季節のチーズケーキ

続きましては、季節のチーズケーキ。

基本はあくまでチーズケーキなのですが、季節の食材をトッピングしているんですね。

個性もそのまま出ていて、味わい深さを感じられるケーキです。

季節のチーズケーキ

ベースのチーズケーキも甘さがしっかりと抑えられているので、けっこうサッパリした感じがします。

ちょっと高級に仕上がっているようでプチ贅沢ができるチーズケーキってところでしょうか。

この商品は、とても人気があるようで、2度目に足を運んだ時には売り切れていました。

◎杏仁フルーツパフェ

細長いすらっとした器の中に、ホワイトクリーム、杏仁豆腐、アイスクリーム、ジェリーが層をなしています。

幾つも層をなしている杏仁フルーツパフェ

フルーツも盛りだくさんで色々な味を楽しめるのがこのパフェのいいところ。

でも、やっぱり杏仁豆腐が凄い!

どこにでもある杏仁豆腐ではなく、ミルキーな味わいが濃く、自然な風味にまとまった癖のない味わいです。

よくある市販の杏仁豆腐って量産しているからあまり美味しくないんです。
ところが、自家製の杏仁豆腐って造りが全然違う。そんな感じです。

ボリュームも凄い杏仁フルーツパフェ

これは次男が注文して私も味見をさせて貰いましたが、とても食べ応えのあるパフェですね。

次男はよほど気に入ったのか、リピートした時もまた、杏仁フルーツパフェを注文しました。

◎メロンパフェ

このパフェは、メロンでうまくまとまっている、って感じのパフェ。

メロン好きにはたまらない一品ですね。

メロンパフェ

基本はメロン味ですが、ホワイトクリーム、アイスクリーム、ジェリーが層をなし、飽きさせない色んな味があるのです。わずかですが、杏仁豆腐も含まれていました。

見た目も緑色に綺麗にまとまって、オシャレな感じがあります。

長男が食べていましたが、味見をした私は奪い取りたい衝動に駆られました。
美味しいんですね。

また食べたくなるような味のメロンパフェ

なんて言うか、人工的な加味があるのですが、それを感じさせないんですよ。

しつこくなく、爽やかで、重たくない。天然の素材の味が隠れていない。

そんな感じです。

噂によればこの店のパフェにはまっている人も多いとか。

そんな人の気持ちが理解できる気がしました。

◎苺のタルト

このケーキについて、店頭の説明には、

アーモンドタルトの上にカスタードクリームを絞り苺もサンドしました

とあります。

ベースとなっているタルトが、単なる普通のタルトとは違うのですね。

なんか、普通とは違う、他の店にはない、そんな個性を強く感じる一品ですね。

苺のタルト

で、味はというと、実は妻が注文して、バクバク食べてしまったので、味見の機会がなかったんです。

カスタードクリームがとても美味しそうに見えただけあって、とても悔しい思いです。(リベンジします)

実は、ケーキも苺もそれほど好きでもない妻が、ここまで美味しそうに食べたってところが事件なんです!

この店にリピートしたのも実は「また行こう!」の妻の一言がキッカケでした。

絶対おいしいに違いない、そう強く感じる苺のタルトでした。

◎苺のクラフティ―

店頭には、

プリンのようなクラフティの上にマスカルポネクリームを流して甘酸っぱい苺をたくさん飾りました。

と説明があります。

これは私が注文したケーキ。

苺のクラフティ―

クリームから伝わる甘みと苺の酸味が合わさって絶妙な味を出していました。

実現できそうで、なかなか実現しにくい味。そんなところでしょうか。

コーヒーとの相性も良く、味わいながら食べることができて満足しています。

ブルーベリーのアクセントもポイントが高いですね。

ブルーベリーの酸っぱさがわき役と言えないような存在。

ぜひ食べてみたいケーキのひとつと言えますね。

店内の作りもシャレていて洋菓子と共に雰囲気も味わえる

◎アフタヌーンティーセット

さて、上記の2つのケーキ「苺のタルト」と「苺のクラフティ―」については、実は、アフタヌーンティーセットで注文したケーキでした。

これは、1つ1500円するセットですが、セットの内容は、

  • ケーキ(お好きな品を1つ選ぶ)
  • ジェラート(アイスクリーム)
  • 焼き菓子等のスイーツ3点(焼き菓子は1つ選ぶ)
  • サンドイッチ
  • ドリンクバー

です。

アフタヌーンティーセット

ちょっとした軽食をとりたい人に向いています。

ケーキの他、色々なお菓子も食べてみたい人にもいいでしょう。

ただし、しっかり食事をしたい人には向いていませんね。

甘いものがメインで、食事のボリュームという点ではちょっと不足だからです。

実際の商品は、写真のように3段のタワーみたいなセット。
(写真は二人前です)

1番上には、好みのケーキとジェラート。
2番目には、焼き菓子など。
3番目には、サンドイッチ。

ジェラートはアイスクリームなので先に食べないと溶けてしまいます。

指示すれば、後で持ってきてもらうこともできるようです。

高級なアイスっていう感じの味でした。

アイスクリームはちょっと高級な味

ケーキは、店舗で販売しているケーキから自由に選べます
(売り切れていたら無理ですが)

焼き菓子は種類が豊富なので、食べてみたいのを選べばいいでしょう。

焼き菓子など

焼き菓子にはあまりこだわっていなかったので適当に選びました。

サンドイッチの中身は、玉子とレタス・ハムでした。

シンプルな作りだがけっこう美味しいサンドイッチ

シンプルな作りですが、美味しかったですね。

贅沢な午後の一品。そんなメニューですね。

いずれも満足のいくスイーツばかり。

今後も必ずリピートします!そして、食べたものを追記して行きますよ~。

パティスリーヒラノの詳細

口コミで少しずつ人気が広がっているという噂のパティスリーヒラノ。

その噂がよく分かる気がしました。

機会をみてまた来たいと思います。(もう既にリピートしていますが)

カフェ店内は決して広くはないが落ち着いた雰囲気

最後にパティスリーヒラノの基本情報を記載しておきます。

住所:〒389-2253 長野県飯山市中央橋通り2228
電話:0269-62-2316
FAX:0269-62-6134
定休日:水曜
営業時間:9時30分~18時30分
公式サイト:https://p-hirano.com/
地図:

近くに行くのなら一度は行ってみたいパティスリーヒラノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク