道の駅「おがわ」の食事処「味菜(あじさい)」で食事。美味さに衝撃!

先日、通りがかった道の駅「おがわ」にある食事処「味菜」(あじさい)で食事をしてきました。

空腹を満たせればそれでいいと思って注文した料理は「かき揚げ丼」でしたが、実際に食べたところ、その質の高さには驚きを覚えました。

道の駅おがわにある食事処「味菜」

「たかだか道の駅」と思っていた私でしたが、「決してあなどれない」との思いに変わりました。

味菜ってどんな店

私が足を運んだお店は、道の駅「おがわ」にある食事処で味菜(あじさい)と言う名前です。(シャレた名前!)

その店は、長野市と大町市の間にある県道31号沿い(県道36号とも重複)に面していて、よくある普通の道の駅の敷地内にあります。
本当にごくごく普通の道の駅。

というより、実際は超地味な道の駅です。ともすれば、ただ通り過ぎてしまうだけの、あまり目立たない道の駅ですね。
どこにでもいる存在感0(ゼロ)みたいな奴。

この道の駅、名称を「おがわ」と言いますが、これは小川村に位置していることがその由来です。

食事処の店名「あじさい」は、花の紫陽花(あじさい)ではありません。
味と菜を組み合わせて「味菜(あじさい)」と呼称しています。

恐らく、地元で取れる「菜」類を用いて、良い「味」を提供しようとする願いが込められているのでしょう。

食事処といっても、うどんやそば、定食や丼ものなど、けっこう限られたメニューです。
そしてメニューだけ見れば、どこの食事処にもある、非常にありふれた感じがします。

いわゆる「とりあえず食えればいい」って感じのよくあるメニューなんです。
つまり、メニュー見ただけで食べたくなくなるような。

あー。他の店にすれば良かった

なんて、思うかもです。事実、そう思っていました、私も。食べるまでは。

しかし、実際の料理は全然違っていました。
出会い系サイトで「写真と実物、全然違うっ!」の真逆みたいな。

決してありふれていない、質の高い味わい深い料理だったのです。

実際に私が食べた料理は

私が注文した料理はかき揚げ丼
好きな食べ物でしたし、値段も900円(税込)と手頃だったからですね。

しかも、ごはん大盛りでも追加料金なしだったので、大盛りにしました。お腹へってましたからね。

で、出てきた料理が下記の写真の通り。

私が食べたかき揚げ丼。丼と言いながらもボリュームがあり、定食のような感じ。

見ての通り、とてもボリューム感のあるかき揚げ丼です。
これを見た瞬間、「ただものじゃない!!」と感じました。

しかも、丼といいながら、ヒジキと漬物と味噌汁も付いていて、ちょっとした定食みたいです。

いただきま~す!

と腹をへらしている家族を横目に見ながら、先に食べ始めました。

サクッ!サクッ!

本当に、そんな音が出てくるくらいサクサクしているんですね。
まさに揚げたてです。作り置きしたものではないですね。

うまっ!

って感じで、一口、二口と食べて行くと、口の中で野菜たちの新鮮な風味が広がっていくような…。
そして、なんとも言えない旨みが伝わって来ました。

人生半世紀。今まで食べたかき揚げ丼で一番おいしいと思える味でした。

こんなド田舎にある、とてもとても地味な道の駅の中にある小さな食事処に、こんなにも旨い料理があるなんて…。

砂漠のど真ん中でオアシスを発見するくらい衝撃的なことでした。

味噌汁も、典型的な信州味噌で具だくさんでした。
栄養面を考えても、とてもありがたいことだと感じました。

家族が食べた料理

で、私の家族が何を食べたか。気になりませんか。
気になりますよねー。

では、教えて差し上げましょう。

妻はとんかつ定食、子供たちは二人ともざるうどんでした。

えっ?単なるとんかつ定食とざるうどん?

今、そう言いましたよね。私には聞こえました。

確かにその通り、とんかつ定食とざるうどんです。

メニューだけ見た時は、私も「単なるとんかつ定食とざるうどん」だと思っていました。

でも、実際の料理を味見をさせて貰った後は、「単なる」という形容詞は削除しました。
むしろ、「単なる」より「上質な」が相応しいですね。

では、実際の料理を見てみましょう。

妻が食べたとんかつ定食

これが妻が食べた、とんかつ定食(税込1200円)です。

見た目だと、まだまだ「単なるとんかつ定食」です。

で、ひと口「パクっ!」と食べて、

上質なとんかつ定食

に変化しました~。

実はこのポーク、信州豚とも呼称されるような名のある豚肉なんですね。
どこにでもある豚肉ではないのです。

実際食べたとんかつは、厚みがあってとても柔らかく、臭みも無くて質の高さを感じました。

一見、どこにでもありそうなとんかつ定食です
しかし実際は、そう簡単には食べられない選ばれた肉を使っているんですね。

おぅ。これは凄い!

かき揚げ丼で既に衝撃を受けていた私には、ダブルショックという感じでした。

この店。ただものじゃない」・・・ただ(無料)ならいいけど…。

そんな思いが湧いてきました。

かき揚げ丼と同じ、ひじき、味噌汁、漬物が付いていたのもうれしい点です。

そして最後。子供達が注文したざるうどん(税込800円+大盛り100円、を2つ)です。

子供達が食べたざるうどん。見た目はシンプルだが、手打ちのうどんでとても旨い。

えっ?これもただのざるうどんでは…

今、そう思いましたよね。

実は、私もそう思っていました。食べるまでは。

ひと口食べて、

うまっ!

となりました。

実はこのうどん、手打ちだそうです。
そばも食べていませんが手打ちだそうです。

子供達が「おいしい。おいしい。」と言ってパクパク平らげてしまったのが、よく理解できました。

絶対に、また来よう!!

このように、見た目はありきたりの、ごくごく普通のメニュー。
むしろあまり食べたくないと思うかも知れません。

でも、実際食べてみると、どこにでもある味ではありません。

道の駅のクセしてやるな!

そう思った私は家族と

また来よう!!!

と話していました。もちろんみんな大賛成!!

休息で立寄るだけではもったいないのが、この道の駅です。

美味しい料理を食べるための目的地として訪れるくらい価値があります。
近くに来ることがあれば是非、寄ってみて下さい。

食べる価値おおありです。

我が家も絶対リピートします。また、追記もします。今度はもっとたくさん写真撮ってきますね。

店の情報を下記に示しておきますので、一度は行ってみて下さい。(言っておきますが、私は店の人間じゃないですよ)

食べてみた感想のコメントも大歓迎です!ぜひ、どうぞ。

味菜の詳細情報

〒:381-3302
住所:長野県上水内郡小川村高府1502-2
電話:026-269-3262
営業時間:11:00~19:30(木曜は若干早く閉店。昼食と夕食の間に休みあり)
定休日:火曜日、(祝日も元旦以外は営業)
駐車場:60台
地図:

公式サイト:

国土交通省関東地方整備局http://www.ktr.mlit.go.jp/road/chiiki/road_chiiki00000296.html

道の駅(公式)
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/412

※ 時期により変則的な場合があるので、必要なら事前に直接問合せて下さい

ちなみに、この道の駅の中には、農林産物直売施設である「さんさん市場」や、売店、ファミリーマートなどもありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク