イオンモール松本に見る集客力のすごさ

先日、松本市にあるイオンモール松本に行ってきましたが、すごい人がいっぱいで、とても賑わっていました。改めて、ショッピングモールの集客力のすごさを実感しました。

多くの人でにぎわうイオンモール松本

私が長野に引っ越してから、色々なショッピングモール(ショッピングセンター)に行ったりしていたのですが、正直どこへ行っても来客数もそれほど多くなく、あまりにぎわっていない感じすらありました。

それもそのはずで、そもそも建物の規模そのものが比較的小さく、屋内を回ればすぐにでも一通り見渡せてしまう程度なのです。

長野市は大規模な施設がない

さいたま市に住んでいた時は、日本最大級のレイクタウン(越谷市)にちょくちょく足を運んでいたので、それが当たり前とも思っていたのですが、長野にはそのような規模のショッピングモールが全然なかったのです。

長野市は県庁所在地ではあるのですが、ショッピングに関しては非常に不便というか、何もないようなところで、むしろ、上田市や松本市の方がショッピングには便利で、長野市よりも活気がある感じもします。

さて、イオンモール松本ですが、実は2年ほど前に松本城を訪れた時には、オープンはおろか、まだ、さら地の状態でした。

その時、偶然にも、建設地のすぐ隣にあるピザハットでピザを買って食べていて、そのさら地を見ては、マンションでもできるのかなぁと思っていたのでした。

松本市に大規模なイオンモール誕生

そして本年、松本市を訪れた時に、イオンモール松本ができていたことを初めて知りました。

正直「ついに、長野県にも大規模なショッピングモールができた」という感じでした。

これだけの規模のショッピングモールは、長野ではここしかないという感じで、実際、オープン以来すごい人のにぎわいです。

長野では最大級のショッピングモール

その後、週末を利用して何度も訪れているのですが、行くたびに駐車場は満車で、停めるのにもひと苦労するくらい、来客者が多いのです。

そして、屋内も人が多く、通るのにも苦労する場所が、あったりするくらいです。以前、レイクタウンで良く味わった感覚と似ていました。

週末はいつも駐車場が満車状態

駐車場内の車を見ると、松本ナンバーの車だけではなく、隣接地域から来る諏訪ナンバーや長野ナンバーも何台も停まっていて、市外からも多数の人が訪れて来るのだなぁと感じました。

このようなショッピングモールは、日本全国いたる所にありますが、近年は1つのブームなのでしょう、その店舗数は未だに増加傾向にあります。

なぜ集客力があるのか

では、何でこれだけ集客力があるのでしょう。その理由を端的に言えば、手軽で便利、そして1日を通して楽しめるところにあるのではないでしょうか。

建物のつくりはモダンで優美

買物だけがショッピングモールではない。施設の利点を120%活用して有意義に過ごそう!という記事にも書きましたが、様々な目的で利用できるのが大きなメリットです。端的に言えば、

・いろいろな店舗が入っているので多種の商品を見ることができる
・大手スーパーの店舗もあり日用品の買い物もできる
・食事施設も充実して外食も楽しめる
・映画館やアミューズメント施設・子供用遊具などで遊べる

等々、多様な目的で訪れることができ、一日いてもずーっと飽きないで楽しめるところが魅力なのです。

このように楽しめる場所、大型ショッピングモールを、早く長野市にも作って欲しいなと強く思うものですが、そう願うのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。