中国語でよく耳にする「ゾウバ」は「走吧」と書くが走る意味はない

中国人と接していてよく耳にするフレーズに「ゾウバ」という言い方があります。

これを漢字で書くと「走吧(zou ba)」となりますが、走という漢字が使われていても走ると言うような意味ではありません。

ゾウバは走吧と書くが、走る意味はない

中国語では「走」を日本語には無い意味で使っているのです。

日本語の「走」

日本語で「走」という漢字を使う場合、「走る」というように、速足で進むこと、駆けることを意味します。また、乗り物などが進行すること、運行することも意味します。

更に、「走る」は色々な表現にも使われ、「痛みが走る」と言えば物事のはやい動きを表現しますし、「非行に走る」と言えば人がある方向・状況に傾くことを意味しますし、「専用道路が走る」と言えば、何かが長く伸びている様子を表します。

熟語としては、走行、競走など色々な表現がありますが、いずれも上記で説明したような意味を持っています。

中国語の「走」

では、中国語における「走」の意味はどうでしょう。

そもそも「走」という漢字は、人の姿を現す「大」と足を表す「疋」が組み合わさってできた会意文字で、人が大の字に足をひろげて走る様子から来ています。

従って、日本語と同じく、走るという意味を持つほか、歩行する、歩む、動くという意味もあります。

また、そこから派生して、逃走する、逃げる、或いは、移動する、行き来する、通るなどと言った意味もあります。

これらは「走る」という意味につながりやすいので比較的、意味を理解しやすいとことです。

しかし、冒頭にあげた中国語で頻繁に耳にする「ゾウバ」の場合、我々日本人が馴染まない意味で使います。

それは、出かける、出発する、立ち去る、行ってしまうなどの意味で、「ゾウバ(走吧)」の場合は、「行きましょう」、「行こう!」のような、ちょっとした掛け声のようなフレーズ・言い回しになります。

日本人の場合「走」という漢字を見ると、どうしても「走る」というニュアンスを想像してしまうものです。

しかし、「ゾウバ」のように、立ち去る意味で使うことがとても頻繁にあり、これを知らないと少し混乱してしまいます。

よく使うフレーズ

さて、冒頭にあげた言い回し「ゾウバ」ですが、これは非常によく使います。

上記でも説明しましたが、この「ゾウバ」は、咱们走吧の略で、堅苦しい訳し方をすれば「出かけましょう!」となります。

しかし実際は、こんな堅苦しい場面で使うと言うよりも、日常の場面でとてもよく使うのです。

例えば、誰かとちょっと店に立ち寄って、そこをを出ようとするときなどに「ゾウバ」と言えば、「もう行こう(もう店を出よう)」といった感じの表現になります。とても、気軽に使うのです。

そして、「ゾウバ」と同じように出発する、立ち去るという意味で使う表現は日常茶飯時で、

快走(速く行こう!)
走不走(行くの?行かないの?)
他已经走了(彼はもう行っちゃったよ)

など、身近なところでとてもよく使います。

中国語にしかない「走」の意味。ぜひ覚えておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。