中国語で「中国語」は何て言う?漢語、中文、中国語などの違いを詳細解説。

中国語では、「中国語」のことを、汉语(漢語)、中文(中文)、中国话(中国話)などと、色々な言い方をしますが、いざ「これらの違いは何?」と聞かれても、細かい違いはなかなかよく分からないものです。

また、これらの他にも、普通话、国语、华语という言葉もあり、いずれも中国語を意味することには変わりないのですが、やはり違いは不明です。ここでは、これら中国語で「中国語」は何ていうのかについて細かく解説します。

汉语(漢語) hanyu

汉语は、漢民族の漢を意味しますので、漢語の本来の意味は漢民族が用いる言葉を意味します。多民族国家である中国では、漢民族が多くを占めていて、他は少数民族と言えますので、漢民族が用いる言葉が多く用いられていることから、広い意味で中国語の意味として用いられています。

実際に、中国の標準語(公用語)は漢民族が用いる言葉をもとに定められていますので、狭い意味で標準語を指すこともあります。また、漢語は学術用語でもあり、学術面で一般的に用いられる名称でもあります。

中文(中文) zhongwen

中国語の意味を持っていますが、中国文の意味もあり、新聞や雑誌などの記事や文学小説など、文章として書かれた中国語を指すことが多いです。同じ中国語の意味としても、特に漢民族の文字や言葉を指します。

また、外国の言語に対する中国語を述べる場合や、中国国内で使われる(少数民族などの)あらゆる言語の中の1つとして述べる場合に使われる傾向にあります。

中国话(中国話) zhongguohua

中華人民共和国の公用語を意味する一般的な言い方です。通常、話し言葉を指すので口語的な使い方をしますし、通俗的なニュアンスもありますので、中文のくだけた表現にも当たります。

普通话(普通話) putonghua

現代の中華人民共和国における、標準語、共通語、公用語を指して普通话(普通話)といいます。この標準語は、北方の方言の語彙を基礎として、発音は北京語を標準音としています。漢語の標準語の意味もあります。

台湾では、標準語については国語と呼んでいます。また、かつての中華人民共和国でも、国語という呼び方をしていました。

国语(国語) guoyu

中国語で国語といえば、台湾における標準語の呼び名、中華人民共和国における標準語の昔の呼び名を意味します。また、かつては、小中学校などにおける学課として国語と呼んでいましたが、現代では语文(yuwen) という呼び名に変わっています。

华语(華語) huayu

国外にいる華僑や華人が標準語を指していう呼び名のことを言い、台湾の一部でも用いられることがあります。また、広い意味では中国語の意味を持ちます。また、似たような言葉として、华文(華文) Huawenという言い方もあります。

【関連記事】中国語の会話力やリスニング力を付ける勉強なら、この方法が一番

【関連記事】私が中国語を学ぶキッカケになった中国語学習の意義の大きさ

【関連記事】中国語で「好き」「愛している」の思いを伝える実践的な表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。